ボトックスの目的を知る

看護師

必要なライン調整範囲

顔を小さく見せる小顔矯正施術にはマッサージと外科的手術のほかに、薬剤を筋肉に注入するボトックス注射があります。美容外科クリニックでかなりの人気を誇る小顔矯正施術であり、効率よくフェイスラインを調整する際に便利な方法です。フェイスラインを変えるには定期的にマッサージを受けるだけでも十分な効果を発揮しますが、これは求められるライン調整がとても小さいことが原因となっています。つまり大げさな手術をするよりも、効果の少ないマッサージやボトックス注射をしたほうがより効率のいい小顔矯正となるのです。ボトックス注射の目的は頬の筋肉を弛緩させ、ラインをほんの少しシャープにすることにあることを知っておかなければいけません。決して効果を発揮することが目的ではないので、短期間で大きなフェイスラインの変更を見込むというのはしないようにしましょう。ボトックスで使う薬剤も体への負担を少なくすることを念頭として調合されており、注射してもおおよそ二日以降から一週間くらいでゆっくり効果が出てきます。それは噛む力を弱くしないために必要なことなので、強力な薬剤の注入を医師に依頼するようなことはしてはいけません。必要な分量を注入することによって、効率よく安全に小顔にすることができるのだということをしっかり把握しておきましょう。ボトックス注射をする人は基本的に初めてであり、小顔矯正マッサージで効果が出なかった際にボトックス注射をするという場合が多いです。初心者がボトックス注射をするうえで大切なことは、美容外科クリニックの医師と行うカウンセリングに真摯に取り組むことにあります。美容外科クリニックで最も時間をかけるべき過程がカウンセリングであり、これを怠ってしまうと満足いく結果を手に入れることはできません。まだるっこしいと考えてしまいがちですが、自分の要望をすべて伝えてそれにできるだけ沿った施術を行ってもらうことが重要なのです。ボトックス注射の特性は体にかかる負荷が少なく、また筋肉を弛緩させるだけなので美容整形の中でもかなり手軽に実行できる施術となっています。だからといって気軽に行うべきではないので、医師にそこまでするほどのことではないといわれたならマッサージや鍼灸などで対処していきましょう。長期的なスパンで取り組むことで美容整形施術はより満足いく内容となり、さらには時間とコストもより少なく抑えることができるのです。一度ボトックスを行えばあとは自宅でセルフケアをするだけで十分な小顔矯正となる場合もあるので、自分の生活スタイルに合った方法を模索しましょう。

カウンセリング

プチ整形でシワ改善

ボトックス注射は筋肉の働きを弱めることで顔のシワやエラなどを消すことができます。これはアセチルコリンという物質を抑制する働きによるものです。そのほかに多汗症改善やふくらはぎ痩せにも役立ちます。効果が薄れる頃に再治療が必要となります。

注射

治療を受ける上での注意点

しわ取り、小顔、多汗症治療の分野で有効性が証明されているボトックス注射。この療法を受けようと決めた場合には、まずは経験豊富なクリニック選びから始めます。この療法を受ける場合に注意したい点をしっかり確認しておきましょう。

看護師

ボツリヌスを利用した美容

表情筋をボツリヌストキシンを注入することで弛緩させ、結果的にしわなどをなくす美容効果を発揮させる方法が、ボトックス注射です。顔面の表情筋は多く、しかも表情をつくる大切の部位ですので、クリニック選びは慎重にしましょう。