女性

プチ整形でシワ改善

カウンセリング

顔のエラを消す効果もある

美容整形では、ボトックス注射はプチ整形とも呼ばれる人気の施術法です。ボトックスはボツリヌストキシン製剤のことでボツリヌス毒素から抽出された薬剤です。ボツリヌス毒素は食中毒の原因ともなるものですが、これが精製されると健康や美容に役立つ薬剤となるのです。医療の現場では筋萎縮症や痙攣などの治療に役立ちますし、美容ではシワ改善や痩身などに利用されています。ボツリヌストキシン製剤はタンパク質の一種で安全な薬剤なのです。美容整形の世界ではこのボツリヌストキシン製剤を使った治療を一般的にボトックスと呼んでいます。ボトックスを注射するだけで額や眉間、目の横のちりめんジワなどをなくすことができます。人は笑ったり怒ったりすると顔に様々なシワができます。そのシワは年齢を重ねるうちに癖になり顔に深く刻まれてしまうのです。ボトックス注射を顔の表情筋にすることで、筋肉を弛緩させ頑固なシワをなくすことができます。これはボトックスが筋肉の働きを促すアセチルコリンという物質の分泌を減らす働きをするからです。この働きによりアゴの咬筋が発達したことによる顔のエラを小さくすることもできます。またフェイスラインなどにボトックス注射をすることでシワだけでなく顔のたるみも解消することもできるのです、ボトックス注射はシワやたるみの解消などアンチエイジングに役立ちます。また多汗症改善やふくらはぎ痩せなどにも利用されています。多汗症の場合はワキや背中、手のひらなどに注射するだけで汗が出るのを少なくします。ふくらはぎが太いのは筋肉が発達しすぎたためで、ボトックス注射により、筋肉を麻痺させ細くすることができるのです。これによりすっきりした細い足にすることが可能です。ボトックス注射は施術後すぐに効果があらわれるものではありません。シワの場合は数日から1週間程度で、顔のエラやふくらはぎは1ヶ月程度で効果があらわれてきます。この効果は患者の体質や薬剤の量、品質などによっても変わってきます。品質の良いボトックスほど持続期間も長くなってきます。ボトックスは自然に体内に吸収されてしまうので持続期間も数ヶ月から1年程度となります。そのため効果が薄れる頃に再治療をする必要があります。かかりつけの医師を決めておけば、以前の治療の効果を見ながら再治療の方針が決めやすくなります。ボトックス注射をすることで筋肉の働きに影響が出るのではないかと心配する人もいます。しかし活発な筋肉の働きを少し弱めるだけなのでその心配はありません。表情もキレイに出すことができますし、ふくらはぎの場合も歩行には影響がありません。