女性

治療を受ける上での注意点

注射

治療効果について

ボツリヌストキシンという、ボツリヌス菌がつくる毒素を使った美容法が、ボトックス注射です。これは美容関連だけでなく、通常の医療の世界でも使われている点で、安全性の高いものといえます。ただし、治療の受ける場合での注意点もいくつかあるので、ここではそれを取り上げておきましょう。まず、ボトックス注射は、専門の医療機関が行うものです。したがって、この治療法を受けたい場合には、クリニック選びから始まります。身体全体に薬剤を注入する、通常の注射とは異なり、ボトックス注射では、特定の筋肉部位だけに効き目がでるように注入することになります。ここで大切なことは、この注射は、しわ取りなどの美容を目的にするわけですが、その場合、しわ取りが表情をなくすことにつながりかねないのです。人の表情は、同じ笑い顔でも、しわのでき方や表情は人それぞれです。したがって、その人自身の細かい表情を読み取った上で、表情を打ち消してしまわないようにしながら、美容効果を高める必要があるのです。そのためには、クリニック側や担当医にある程度の経験が必要になります。治療を受ける場合には、事前に医師側の説明が十分になされているか、また、治療成績をある程度公表してくれるのかなどを確かめてみることが大切です。ボトックス注射ではどのような効果が期待できるのでしょうか。それは、そもそもボトックス注射によってどのようなことが身体の中で発生しているのかをみるのがはやいでしょう。この注射は、ボツリヌストキシンというボツリヌス菌がつくる毒素を希釈精製したものを、該当する表情筋に直接注射することになります。注射された表情筋は、人の表情に合わせて、緊張することになります。その際、当該表情筋につながっている皮膚が同時動くことになります。このときに、しわというものができるのです。ボツリヌストキシンは、その表情筋の緊張をさせない作用をします。つまし、弛緩状態を作るのです。こうして、表情筋でできるしわ取りなどには有効です。また、えらが出ているような顔の場合、そのえらが筋肉の発達でできてものであれば、ボツリヌストキシンの効果が期待できます。えらがなくなれば小顔になれます。また、美容に大敵なものの一つに多汗症があります。実は、ボツリヌストキシンはこの多汗症にも有効なのです。これは、わきの下にある、汗を出すアポクリン汗腺の働きをボツリヌストキシンが阻害することで、多汗症を防ぐことが可能なのです。このようにボトックスには、複数の美容効果が期待できます。